Skip to content

SEO対策で重要な情報の新鮮さ

SEO対策で重要になるのは、その情報がどれだけ新しいかです。例えば、サイトを更新する際には既にそこに存在している古いコンテンツを更新するユーザーも多くいます。しかし、既に存在しているコンテンツを新しいものとして再度更新したとしても、その情報は検索エンジンにとって良い情報にはならない傾向があります。そもそも、検索エンジンはWeb上に存在している様々な情報を管理しています。

そこから、より有益な情報を探し出すことに力を入れていますので、既にWeb上で公開されている情報については検索エンジンが管理している記憶部分にきちんと記録されています。そのため、そこで更新作業を行ったとしても新鮮な情報が存在するということにはならないので、高い評価を得られない傾向があります。例えば、ブログなどを運営している場合には過去のブログの記事などを引用するのではなく、最新の記事で投稿したほうがより効果を感じやすいということを意味します。こういった基本的な考え方は、すべてのWebサイトに共通しています。

サイトの更新作業とはいっても、そこに新しい情報が存在しないと検索エンジンは訪れる価値がないと判断します。そういった、いわゆるこの誤魔化しはSEO対策では通用しないということです。情報は完全に新しいものでなくてはならないので、そこにSEO対策として有効な情報が含まれているのかなということを考慮しなくてはいけません。その上で、自分のサイトのテーマと外れないように気を付ける必要があります。

SEO対策のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です