Skip to content

SEO対策におけるパンくずリストの重要性

パンくずリストとは、あるWebページがサイト内のどの階層に位置しているのかが示されたナビゲーションのことです。一般的にはページ上部に設置されており、ユーザーはリストを見ることで閲覧しているページがサイト内のどこに位置するのかを把握できるため、サイト内で迷ってしまうのを防ぐ効果が期待できます。また、パンくずリストのテキストは内部リンクとなっているため、ユーザーはサイト内を巡回しやすくなるというメリットもあります。このように、パンくずリストを設置することはユーザビリティの向上につながりますが、同時にSEO対策においても非常に重要です。

検索エンジンでは、Webページを巡回するクローラーというロボットが収集した情報をもとに検索結果を表示しているのですが、クローラーの巡回はサイト内に設置されたリンクを辿ることで行われています。パンくずリストが設置されていると、クローラーはパンくずリストのリンクを辿って、サイト内を効率的に巡回してくれるため、サイト内の各ページの情報を正しくクローラーに伝えることが可能です。その結果、検索結果の上位化が期待できるため、SEO対策においてパンくずリストを設置することは非常に重要な施策のひとつとなっています。加えて、パンくずリストのリンクはアンカーテキストとするのが一般的なので、対策したいキーワードをアンカーテキストに含めることで、SEO対策における内部対策にも効果的と言われています。

ただし、アンカーテキストにキーワードを詰め込み過ぎるのは逆効果をなるため注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です