Skip to content

SEO対策上マイナスになることを知っておこう

SEO対策上マイナスになるのでやってはいけない事というのはたくさんあります。現代のSEO対策では、とにかく真面目にコツコツとコンテンツを作っているのが一番なのですが、中には楽して上位表示を達成させたいと考えてしまう人も少なくありません。そういう不埒な考えを抱いてしまうと、不正な手段によるSEO対策に走ってしまう場合がありますが、このような試みは多くの場合失敗してしまうでしょう。現在の検索エンジンというのはかなり賢くなっており、もはや人間の浅知恵が通じるようなものではなくなっていますから、変なことをするとペナルティを課せられて順位を大幅に下げてしまいます。

例えば、プログラム等を駆使してコンテンツを自動生成したりしてみても、今ではすぐに見破られてしまうので絶対にやってはいけません。SEO対策としてやってはいけないことは、グーグルのガイドラインにしっかりと書いてあるので、まずはそれを読んで勉強しておくのがおすすめです。真面目にやっているけど、意図せずにSEO対策上マイナスになることをやってしまうケースも少なくありません。例えば、ブログなどでサイトを作成している場合、カテゴリページやタグページなどが大量に生成されてしまい、それが重複ページや内容の薄いページと検索エンジンに認識されてしまう危険があります。

ECサイトを作成する場合も、重複ページが大量に生成されてしまう場合があります。そういう時は、canonicalタグやnoindexタグなどを使って、ページを修正するといいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です