Skip to content

SEO対策は大きく分けて3つある

SEO対策とは、SearchEngineOptimizationの略で、日本語だと検索エンジン最適化と言われています。要は検索エンジンに気に入られるサイトを作って、検索結果で上位に表示されるようにする取り組みのことをいいます。SEO対策には、大きく分けて内部対策・外部対策・コンテンツ対策の3つがあります。内部対策というのは、検索エンジンが理解しやすいサイトを作ることだといっていいでしょう。

HTMLを正しく使ったり、クローラーが巡回しやすいように内部のリンクをつくったりするようなことです。ただ、この内部対策は、やったからといってそんなに劇的に検索順位が上がるというものではないかもしれません。やって当たり前といったものです。外部対策は、要は被リンクを集めるといものです。

被リンクをたくさん獲得しているサイトは優れたサイトだろうということで、検索順位がアップしやすいわけです。ただし、どんな被リンクでもいいからかき集めればいいというものではありません。人工的な被リンクをかき集めたりすると、逆に順位が下がってしまう可能性があるので注意が必要です。コンテンツ対策は、検索ワードに適合したコンテンツをしっかり作り込んでいく取り組みをいいます。

現在の検索エンジンは、コンテンツの質を重視するようになってきていますから、今一番力を入れるべきSEO対策はこのコンテンツ対策と言えるかもしれません。コンテンツ対策をしっかりやることで、被リンクも自然と集まってきます。SEO対策のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です