ハクビシン忌避剤の効果 - ハクビシン忌避剤で撃退しよう

ハクビシン忌避剤の効果

ハクビシンは屋根に住み着く害獣でそのため駆除に苦慮している人もいると思います。



ハクビシン忌避剤はかなり効果があり、すでにハクビシンが住み着いている屋根裏でも駆除に役立つ薬剤です。



忌避剤はハクビシンがやって来ないようにするというのが大きな目的で、ハクビシンはとても臭いに敏感な動物という原理を利用しています。


ハクビシンは仲間同士のやり取りを肛門から出る分泌物の臭いでやり取りをしているほど臭いに敏感な生物で、そのためにハクビシン忌避剤が効果があるのではないかという理由から開発されました。



忌避剤はハクビシンが嫌う臭いが効果的だという事で作られたもので、生息している屋根裏に撒かれると近付かなくなります。

忌避剤の臭いが続くのは一定期間なのでハクビシン忌避剤を撒くのはしばらく経って効果が薄れた頃にまた散布するのが良いのです。

ハクビシンは石油やニンニクや唐辛子といった刺激臭、また天敵の狼の尿の臭いも苦手としていて、それに加え野生動物は煙の臭いを苦手としているので炭を作る際の臭いを液体化した木酢液も忌避効果があります。

市販のハクビシン忌避剤としては唐辛子に含まれるカプサイシンを利用した商品があり、吊るしておくと1年間効果が続き、ハクビシンの通り道に配置すると効果的です。

また狼の尿を使った製品もあり散布するのではなく数メートルおきに配置しておくと忌避剤になります。


この商品は時間が経つとだんだん蒸発するので定期的に継ぎ足しをします。

ハクビシンは寿命が長くまた繁殖力も高い生物で、数が増えるとそれだけ被害が多くなります。
見かけたら早期に忌避剤を使って撃退する必要があります。