ハクビシン忌避剤で屋内への侵入を防止する - ハクビシン忌避剤で撃退しよう

ハクビシン忌避剤で屋内への侵入を防止する

ハクビシン忌避剤とはにおいに敏感なハクビシンの習性を利用し、家屋への侵入防止や遠ざけることを目的とした効果を考えて製造されています。

ハクビシンは害獣に指定されていながら、鳥獣保護法で守られている厄介な生き物です。むやみに捕獲や処分することは法律で禁じられています。
このためにハクビシン駆除の主な対応は追いだしたり近づかないようにする方法がとられています。ハクビシンには苦手なものがいくつかあり、特に臭いに関しては非常に敏感に反応します。



ハクビシン忌避剤にはハクビシンが苦手とされる臭いの成分が多数含まれています。
ハクビシンは石油類の臭いやニンニクやトウガラシといった刺激の強い臭いを嫌い、天敵であるオオカミを想起させるアンモニア臭が漂っている間は近寄ることはありません。



木酢液はその刺激的な臭いの他に、物が焼ける臭いを嫌がる動物的な嫌悪感から効果があります。

その反対に甘いにおいを非常に好んでいるために、使用に際しては注意が必要です。ハクビシン忌避剤はハクビシンが苦手とされている臭いを利用して成分を構成し、忌避効果を高めています。



一度使うと継続的な効果が得られるわけではなく、定期的な設置や入れ替えをすることが必要になります。

家屋への浸入を妨げ、遠ざけさせることが使用する第一の目的となります。侵入が疑われる場合であっても、忌避剤を散布することで追い出すこともできるので、状況に応じた使用方法を考えることが大切です。