岡崎市の水のトラブルの豆知識

お風呂リフォームでヒートショックを予防できる

お風呂にはいる前に服を脱いで裸になると、部屋と浴室との温度差の違いで体がぶるぶると震えることがあります。実はこの急激な温度変化は、脳卒中や心臓疾患などの命を脅かすような病気を引き起こすといわれているヒートショックに繋がる可能性があります。体力の弱っている高齢者がヒートショックによって浴室内で死亡するという事故は今でも後を絶ちません。そんな怖いヒートショックを予防するためにも、お風呂リフォームのタイミングでお風呂の暖房ができる設備機器を取り入れるのがおすすめです。

最近よく耳にする浴室暖房乾燥機は、浴室内の湿気を取り除きカビの発生を抑える効果があり、夜間や雨の日でも浴室内を衣類の乾燥室として利用できるのが魅力です。この浴室暖房乾燥機は、冬の寒い時期には入浴する前に暖房して使うようにすればヒートショックに繋がる室内の急激な温度変化を抑えてくれるため、裸になっても温度変化によって危険な状態にさらされる心配がありません。また、足元を温める温水式床暖房が搭載された浴室では、洗い場の床下にお湯を循環させることによって体に優しく心地よい温かさが実現するのが魅力です。洗面所と浴室との温度差をなくして、同じくヒートショックによる事故の危険性を抑えることに役立ちます。

こうした設備機器は単体で設置しようとすると工事費が高額になりますが、お風呂リフォームのタイミングで導入することで、工事費用を安く抑えることが出来ます。お風呂リフォームでヒートショックを予防し、安心して利用できる浴室にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *