岡崎市の水のトラブルの豆知識

お風呂リフォームの最適な時期

毎日入っているお風呂には実は寿命があります。使っている風呂釜にもよりますが、メーカーとしては7年での交換を勧めているところが多いようです。しかし、大体10年以上使う人が多く15年くらい、長いところで20年ぐらいが使えなくなる寿命と言われています。寿命が近づいてきたお風呂はなかなか熱い湯が出てこなくなったり、追い炊きができなくなるなど不具合が出始め、ある日突然お湯が出なくなってしまいます。

そうなってしまう前に風呂釜の交換をしなくてはいけません。風呂釜の交換時期に合わせてお風呂リフォームをする方も多いです。15年から20年たってくると風呂釜だけでなくお風呂のいろいろな部分が劣化してきます。湿気に強い構造にはなっていますが、どうしても長年湿気にさらされていると傷むのも早いです。

よって、この時期にお風呂リフォームをすると一緒にできるのでいっぺんにすむので、お風呂が使えなくなる日数も少なくて済みます。また、最近ではシャワーの勢いはそのままで使う水量を減らせるエコなシャワーや浴室内ミストサウナ、エアコンなど浴室で快適に過ごすことができる商品が多く出てきています。お風呂はリラックスできる空間なので、そのような設備をつけてよりリラックスできるように環境を整える人も増えてきています。風呂釜の寿命で交換を考えている人はぜひこの時期にリラックスできる空間を作るためにお風呂リフォームを一緒に考えてみても良いと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *