岡崎市の水のトラブルの豆知識

より良い介護のためのお風呂リフォーム

介護する側と介護される側の負担を軽減するために行われる住まいの改修のことを介護リフォームと言います。介護認定を受けている場合、介護に伴う住宅リフォームに対して国や地方自治体から上限20万円の工事に対して自己負担1割という介護保険制度を利用する事が可能です。介護保険制度が適用される工事内容の例としては、階段や廊下、玄関等への手すりの設置、段差解消のためのスロープ設置やかさ上げ等、滑り止め防止の床材への変更、引き戸等への扉の取り換え、便器を和式から様式へ取り替え等が挙げられます。そのような中でもお風呂場は、水滴や石鹸かす等で滑りやすく、しかも支え支えられるという不安定な体制を強いられる場所で、介護する側もされる側も負担が多く、なおかつ危険が多く潜む場所です。

しかし、手すりをつけたり、段差を無くしたり、滑りにくい床材を使用する等のお風呂リフォームを行う事で負担軽減、危険回避が可能です。また、椅子等専用の介助用品も多く出ています。また、冬場にはヒートショックを起こすことが心配されています。室内の温度差を少なくすることも大切です。

お風呂リフォームの際に浴室暖房器を設置することでこの不安も少なくすることが可能となります。介護を専門としているお風呂リフォーム業者も多くあります。介護保険制度についてや安心安全なお風呂ライフについての提案まで色々と相談できます。介護する側が倒れてしまっては本末転倒となってしまいますので、介護リフォームはお互いのために必要と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *